プロフィール
かも隊隊長
かも隊隊長
かものはしに逢い隊
/www.platypusplus.com.au/
隊長の金井公夫です。栃木県足利市出身です。ギターが趣味でもあってバスの中では隊のテーマソングを作詞作曲して歌っています。
是非一緒にめずらしい野生動物達を探していきましょう!
かものはしに逢いにいきましょう!!
アクセスカウンタ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2010年10月22日

君に届け!完

     かものはし

まだまだ実はたくさんの能力を持っているけど

まだまだいっぱい伝えたいことがあるけど

今回はここまで







かものはしへ


いつもありがとう


自分はいつも君のことを考える


おかげで退屈する日はない





君に逢えない日は   絵を描いてみたり










ぬいぐるみで遊んでみたり











今日は餌いっぱい捕れてるかなぁって考えたり











君についてもっと知りたくなったり











君の歌を作ってみたり











「 不格好な身体?   

 ハンデ?
 
 こっちゃ~恐竜時代から生きてんだぃ

 そんなのはじめから気にしちゃいないよ 」





そうだよね





そして君のいつも言う

ハッピーかい?

それって簡単なことなんだよね





幸せって

自分らしくあればいいんだ





何をやってもだめな自分に

大切なことを気付かせてくれた




  
ありがとう


俺もこれからもっと自分らしく生きる


この思い   君に届け!









  


Posted by かも隊隊長 at 17:40Comments(0)

2010年10月21日

君に届け!4

かものはし


川に用がなければ   陸で生きている



大地の上を懸命に歩く   全力で走る


「水の中のようにうまく進めないけどね」


そう   スリッパのような身体で



足もこんなに歩くのには適していない



「大丈夫! この水かきじゃまだけど、、

         折り曲げれば歩きやすくなるさ」





「この後ろ足だって巣を作るときにね、

 爪がしっかり地面に刺さるから

      身体全体に力が入るんだ」



またまた彼らは   こうやって

自分の短所を   長所に変えてしまう



それでいて   こんなに澄んだ目で姿を現す



そして彼らがいつも自分に言う最初の言葉は

「よっ 隊長ーっ ハッピーかい?」


               つづく







  


Posted by かも隊隊長 at 18:42Comments(0)

2010年10月20日

君に届け!3

かものはしのくちばし   一見かたそうに見える



でも実はやわらかい   ゴムのようにぶよぶよ



これはぬいぐるみのくちばし   ただそう違いはない




彼らの歯もまたやわらかい   くちばしと同じように


彼らの歯は   まるで運動靴の底のみぞ 





彼らの大好きな食べ物は   水の底にいる昆虫

トンボの幼虫  蛍の幼虫  ミミズ  たにし  えび





「歯がやわらかいから   なかなかかめないな~」

「そうだっ   かめないのは砂利を口に含んですりつぶそう!」


そうやってまた彼らは   ハンデのある身体をひとつ乗り越えていく





もしも自分の歯が   ゴムみたくやわらかかったら


そんなこと思う人間いないよね   


ほとんどの動物は   歯がかたいんだから





食べることひとつでも   


こんなに頑張っているかものはしが   自分は大好き


               つづく


          


Posted by かも隊隊長 at 18:58Comments(0)

2010年10月19日

君に届け!2




まずカモノハシのかっこいいところ



こんなスリッパのような身体がよく水中を泳ぐことが出来るところ





スリッパやビーチサンダルは

なんど水中の中に入れてもすぐに浮いてきてしまう


しかも彼らは水中で宙返りもするし  

自分の身体が入れるぎりぎりのスキマも横向きで通り抜ける



おまけに水の中では目を閉じているのに  まわりが見えないのに  

付け加えるなら鼻の穴の耳も閉じているのに





どうしてそんなことが可能なのか  くちばしのセンサーが関係しているけど
    (詳しくはHP隊長ブログ・カモノハシ血風録にて掲載してあります。)

ここではそんな学者的なことよりも  彼らがそんなハンデな身体を持ってして  水中の中にもぐれる凄さを伝えたい





水面ではのほほ~んとしている  これもほんとうはちがう
          (詳しくはHP隊長ブログ・カモノハシ血風録にて)

もぐるときは身体を“へ”の字にして いちっ  にっ  でもぐる



そしてまたふたたび水面へと上がってくる





彼らが川にいるとき  それは主に餌をとっているとき  


別な巣に散歩がてら移動するとき  雄と雌がお互いを求めるとき




餌をとっているときの川にいる時間は  長い時は約12時間  


彼らはひたすら餌を捕り続ける  一生懸命捕り続ける




常識では考えられない  ハンデな身体を持って


                                    つづく





    


Posted by かも隊隊長 at 17:56Comments(0)

2010年10月18日

君に届け!1





かものはし  スリッパ そんな風に呼ぶ人もいる 
  

自分はランボルギーニと呼ぶ  そのほうがかっこいいicon21


かものはし  自分の人生を変えてくれた動物  これから一生付き合っていこうと思う  


だからこの思い  君に届け。



そもそもどうして自分はかものはしが好きになったのか



泳ぎが自分よりうまいから   NO!



お気に入りのキーホルダーだから  NO!



20セントが使いやすいから   NO!






その魅力はたくさんありすぎて一言ではなかなか 



でもあえていうなら  不格好さにある  不格好だけどそれを補う以上のものを彼らは持っている


そんな素晴らしい能力のほんの一部をこれからお話ししていきます。

                                                     つづく   


Posted by かも隊隊長 at 18:34Comments(0)

2010年10月06日

君を忘れない 3

10月2日 レインコートがずぶ濡れになったね。



それでもみんなの元気と笑顔が雨を吹き飛ばした! 動物たちを 自然を 元気にしてくれた!  ありがとう みんなを忘れない 











































  


Posted by かも隊隊長 at 23:31Comments(0)

2010年10月04日

君を忘れない 2

10月2日に参加してくださったケアンズ語学学校の学生グループ

今日はかものはしを見つけた様子から、みんなで1本の木を植えたところまでのフォトギャラリーです。


































  


Posted by かも隊隊長 at 23:17Comments(2)

2010年10月03日

君を忘れない 1

10月2日  この日入隊されたのはケアンズの語学学校に通う学生グループ

雨でずぶ濡れになりながらも、みんなと触れ合い、助け合い、動物たち、大自然、任務、全てを楽しんでいってくれたみんな

ありがとう 君を忘れない


















つづく




  


Posted by かも隊隊長 at 12:03Comments(0)

2010年09月29日

キセキ

9月28日   キセキ(奇跡)

自分が手にのせているのはケーントード 

落ち着いて手にのっていることもひとつのキセキ 


キセキを語るとなると、今こうしてオーストラリアの素晴らしい動物たちにいつも出逢える隊の隊長をやっていることもキセキ

朝起きて語学学校へ行って楽しい先生とクラスのみんなといつも逢っていることもキセキ(実は英語出来ないので只今学校へ通ってますicon22

かものはし 自分が一番大好きな我々哺乳類の大先輩   




こんな姿が見れるのもキセキ









こんな写真が撮れるのもキセキ




木登りカンガルー 有袋類の中で最も頭のいい木に登るカンガルー

この日もまた見つけられた! それだけでキセキ 




この動物に出逢うときにはいつも手が震える、  カメラがぶれる、


たのむ! 震えよ止まれっ



やった、初めて手の震えが止まった、この動物とこんなやりとりができる、これもまたキセキ

隊員さんたちといっしょに木を植えていけることも・・・








キセキ



ポッサム ブラッシュテイルが人によってくるのはよく知られているけど、それでもこれもキセキ










マリーバロックワラビーが生き延びていられるのも、、キセキ




そしてこの日を締めくくるキセキが起きた。



以前ブログで紹介した絶滅危惧種 有袋類の肉食獣 クオール (Northern Quoll) もう逢うことはないと思った。


とにかく無我夢中で隊員さんたちと渓谷の急な斜面も気にせず後をおった、この瞬間もキセキ








たった半日のこのかものはしに逢い隊で、同じ日にこれらの動物たちに出逢えたことはキセキ

そしてもちろん、この日も、今までも、素敵な隊員のみなさんといっしょに触れ合えたこと キセキ 

ほんとうにありがとうございます。





  


Posted by かも隊隊長 at 22:51Comments(3)

2010年09月24日

月の光の中

9月23日、この日は隊員さんたちとマリーバのブッシュの中へ入り、ロックワラビー探しをして行きました。

そして自分は地面の下をはいながら月の光を利用してワラビーが姿を現すまで写真を撮り続けてみました。

雲がはれるとちょうど満月が現れました。




「んん? 何か音がしたっ」 


『隊長大丈夫ですか、何か近づいてますよっ』
隊員さんの言葉に自分は動きを止めた、すると・・・・


ワラビーです、1匹の雄のロックワラビーがそうっと自分の目の前に現れました。

群れを守るためにこうやって外れにいて、危険が近づいたときはいそいで仲間へ知らせに行くのか。
それとも、ただ、孤独が好きなのか。


少しずつカメラのピントもあってきました。 
ワラビーは枯れ果てた葉や草があるところで餌を探してます。


何も食べるものがなくて、次の場所を考えはじめたようです。


? こんどはなにやら月の方へ身体を向き始めました。


すごく背中がさみしそうです。(真後ろで見えませんが顔は月の方向を向いてます)

もうこれからずっと乾季がこないことを月に祈っているのでしょうか。

おっ ちょうど前かがみになって別なところへ移動する瞬間です。

そんなときです、 隊員さんたちが『隊長、このワラビーに餌あげますね』っといてもたってもいられなかったようです。

みなさん優しいですね。

自分はこのときシャツから虫がたくさん入ってました。もちろん顔や手は蚊にくわれました(笑)

虫と言えば、ここ最近自分はいろんな虫にたかられます。
おけらや蛾やクモ、グリーンアンツ etc....
この日の夕食時もここ、自分のハットにちょうど今の時期日が沈んでから約20分ほどかえるの声ぐらい大きな声でグアグアグアグアとなくセミ・Green Grocer がたかりました、ぜんぜん離れてくれません。


いかん、、これではますます女性がよってこないな~

『だからってそんな強く握ることなじゃないのicon11


星に願いを祈るのをやめて、自分も月にでも祈ってみようと決めました。

  


Posted by かも隊隊長 at 22:40Comments(2)

2010年09月19日

生きていく

9月18日 全任務終了後にそのことは起こった。

ケアンズが暖かくなってくると、もちろん郊外の高原もまた暖かくなってくる。

乾季に葉を落とした植物たちは衣替えを始めだす。

実をつけ鮮やかな色をまとうものもいる。










虫や爬虫類たちも「また来たか、この季節。うれしいな。」とささやきだす。








そして、、 我々は任務終了後のバスの中からある動物に出逢った。

あまりの出来事に1枚目にとった写真はバスの中からフラッシュをたいてしまった、


もう一度

あどけない表情で赤土の上を気負いなくゆっくりと歩いていたその動物の名はノーザンクオール(Northern Quoll)

絶滅危惧種  もういつこの地球上から姿を消してしまっても不思議のない肉食有袋類

3年も生きればいいとされるこのクオールはただ自分達にこんなふうに語った。

「生きるんだ、 今を生きるんだ」

そう、 僕たちも、どんな生き物も  生きていかなくちゃね。  


Posted by かも隊隊長 at 01:11Comments(2)

2010年09月14日

苗字募集!



この度、かものはしに逢い隊のマスコットキャラクターかも助のオリジナルグッズを作ることになりました。



そこで改めてこのおちゃめなかも助の苗字をみなさんどなたでも結構です。

募集しますmark03mark03mark03



採用された方には素敵なプレゼントを差し上げます。

自分はちなみに2つ考えています。  

1 かも野かも助   2 マイトかも助      icon22icon22icon22

締め切り 9月17日まで です。   お気軽にどうぞ。

宛先はこちら⇒ Emailアドレス  info@platypusplus.com.au  です。 

  


Posted by かも隊隊長 at 21:08Comments(2)

2010年09月11日

9月10日

これは記録です。

またこの日も全任務達成となりました。

この日のダイジェストをどうぞmark03

まずは隊員さんたちのお迎えの前 天侯良好icon22

自分「ニック、今日も天気いいから何かいいことが起こりそうだよ」
ニック(かも助バスドライバー)「ya colud be!」


「よっしゃー、出発ーっ」

高原へ向かうバスの中、かものはしに逢いたいなfeel01の歌で盛り上がり、到着後、早速まずはかものはし探し・大成功icon21

まだ明るいうちに木を植えて夜の探検の時間をたっぷりとることに。

「この木は数年後30メートルの高さまで大きくなって枝も広がり、となりの熱帯雨林とも繋がるんだ。そうするとまたひとつ木の上で生息しているポッサムや木登りカンガルーたちも木の上での移動手段が増えるから彼らにとってもより安全な生活が出来るようになるんだよ」と地元の御主人


Kid隊員も一生懸命に木を植える。


みんなで植えたクイーンズランドメープルの記念の木


「おなかすいた~」
「よし、これより夕食としよう。」



夕食名物ニックのクイズ大会people05


さて夜の探検に向けいざ! 
まずは電池レス懐中電灯をしっかりチャージ


フクロキツネ探し&餌付け ⇒ クリアbusiness05

木登りカンガルー探し   ⇒クリアbusiness05
(親子の姿を発見!ライトに反射する真っ赤な目と黒い顔にエキサイトface08

そして一行はマリーバへ

アリ塚観察の際は自分も含め男性全員でシロアリを食べました。
「ごめん、だけどパセリの味がして何かおいしい?!」

ワラビー探しの途中、隊員さんが見つけた大きなクモ「でかっ」


ワラビー探し&餌付けmark03


「やったー!全任務クリアだーーicon21


みなさん おめでとうございますmark03
みなさんの元気に触れ合えたこと、そして新しい小さな熱帯雨林がまた誕生したこと、動物たちはきっと喜んでいます。
また是非元気な姿でお逢いしましょう。

偶然出会った仲間といっしょにひとつずつ協力しながら任務を成し遂げていくかものはしに逢い隊の醍醐味はまだまだこれからよりみなさんの元気と夢と共にふくらんでいきます。


  


Posted by かも隊隊長 at 01:19Comments(2)

2010年09月08日

9月7日

この日もドラマチックな全任務達成となりましたicon21

今、アサートン高原はさらに熱い野生動物探しのスポットへ

スタートは素晴らしい天侯の夕暮れ前でした。


元気いっぱいのかものはしをすぐに探しあて、その後は夕食前まで木登りカンガルーだけを探すことに。

「あっ あれは!?」

それはまるで我々を応援するかのように翼を広げはじめたコウモリの姿でした。

「ありがとうコウモリさーん」

しばらくし、日が暮れはじめ、木登りカンガルー探しは夜に再度集中して探すことに決めました。

夕食前にみんなで木を植えた様子
「今日はクイーンズランドメープルと言うこれから300年生きていく木を植えていくよ」


「また逢いにくるからりっぱに育ってね」



夕食中、自分は隊員さんとかも助バスのドライバーニックを残して近くの林へ すると・・・

「ん?この姿はicon10

キミドリリングテイルポッサムが、もう手の届く近距離の木の枝にっ

まだ半分寝起きの状態で動かなかったため、急いでみんなを呼びにいき、たくさん写真を撮りました。
(途中転びました、いや~こんなにおもいっきり転んだのは数年ぶりでしたね~、人生ではいつもこけてますがicon22

さて、夜の探検へ 

まずはフクロキツネを発見!
そう~っと餌を懐中電灯で照らしおびき寄せて・・  餌付け大成功ーっ

「かわいすぎるっ さわっちゃえ~」


その後時間も過ぎ、木登りカンガルー探しは厳しいのか、、 

自分は夕方にかなり強烈な動物の臭いがした場所を思い出し、もう一度その場所へ隊員さんたちと、たのむ、姿を見せてくれ
mark03mark03mark03mark03mark03mark03mark03




・・・、この近距離で見つけたらもう言葉はいらない。 写真、手が震えまくりでした~。

その後もマリーバへ行き、ワラビー探しを順調にクリアし、最後はしばし、満点の星空をながめケアンズへ。

隊員さんのみなさん、おめでとうございましたicon21

まだまだ続くケアンズ旅行も是非楽しんでください。

我々スタッフも、動物たちもまたお互い元気な姿でみなさんにお逢いできることを楽しみしています。

  


Posted by かも隊隊長 at 19:31Comments(4)

2010年09月05日

寒さが終わりに近づいて来て

9月4日、この日のマランダの高原は厚い雲に覆われ、動物たちには少しだけ暖かかったようで、各スポットで元気な姿を隊員さんたちと見つけることができました。

繁殖期真っ只中ということもあり、成熟した女性らしさを十分にアピールするかものはしの雌

素晴らしい泳ぎ方でした。

そしてRed-legged Pademelonが川辺に餌を食べに。
1匹で川辺近くまで下りてくるもの実は珍しい光景です。


写真には収められませんでしたが、4匹もの群れでふざけ合うAusutralian Brush-turkey、Long-nosed Bandicootなども見かけ、夜になるとせみの鳴き声が夕食のバックソングとなりました。

鳴いていたせみの1匹を捕まえてみました。

名前はGreen Grocerと言います。
よ~く頭のてっぺんを見てください、このシルバーの部分は光に反射すると宝石のように輝くんです。


そして初めて見つけたポッサムのカップル?!

ずいぶんと雄と雌との年の差がありますが、(いいな~) そう、恋愛に年の差なんて、おおッ、なんかやる気でてきたicon21 人間で言えば50代の男性と20代前半の女性といったところです。自分はまだ37歳、よしよしicon06



  


Posted by かも隊隊長 at 01:52Comments(1)

2010年09月01日

続く快進撃!

昨夜から連続して8月31日も完全任務達成日となりました!!!
隊員さんのみなさんおめでとうございますicon21icon21icon21


まだまだ涼しい日が続く高原の中隊員さんたちと野生動物たちとの触れ合いハイライトです。

まずはかものはし探しは序盤から絶好調でした!

時間に余裕があり、いっきに日が暮れないうちに木登りカンガルーを集中的に探すこと数分後、
「でたーーっ 隊長あれが木登りなんですねーーーicon10

我々は大きな声を出してもどうじない80センチはあろうかと思われるなわばりを守る勇敢な雄の姿を見つけたのですpeople05



興奮冷めずに夕食を楽しんで、


いざ夜の探検へ 天侯は雨、、


「ポッサムだーーっ」

ん? なにやら様子が???

なっface08 なんと子供がお母さんの袋に頭を突っ込んでじゃれあっていましたっ  何とも言えない野生の日常的な光景に、自分も何度もシャッターを押し続けました。

そしてマリーバへ行きたくさんのワラビーに出くわすことにも成功!



実は野生のかものはしをはじめ、木登りカンガルーたちを同時に見つけることと言うのは本当に貴重な、人生でもそうないことなのです。隊員さんのみなさん、是非今回の体験もケアンズ旅行のひとつのいい思い出としていつまでも大切にされてください。そして任務本当にお疲れさまでした。また、素敵な笑顔をありがとうございました。スタッフ一同より感謝致します。


              ~今日の出来事~
ワラビーが岩山のくぼみの部分にたまった雨水を飲んでいる光景です。


本来であれば水分補給は草やくだものからである程度間に合うカンガルーやワラビー、
水まで余分に取って少しでも空腹を満たす必死なマリーバロックワラビーたち。

頑張れ! 乾季はもうすぐ終わる。

「ほんとかっ隊長~」

「ああ、きっと終わる、だicon10だから膝から降りてicon11」  


Posted by かも隊隊長 at 01:11Comments(0)

2010年08月31日

またまたまたッ!!!

8月30日、こも日も完全任務達成となりました!おめでとうございますicon21

雨の中でも楽しみながら任務に挑んでいった隊員さんたちのハイライトです。

まずはかものはし探し、雨の中水面に浮かんでくるかものはしを探すのは大変でしたが、「私、今日はかものはし見つけるまで帰りませんから」と言う意気込みに見事各スポットで1匹ずつ計3匹の元気なかものはしを見つけました。

そして夜の天侯の心配もあり、夕食前にみんなで一本の木を植えることに。


この写真は雨のしずくが雪のように見え、素敵です。


夕食もいっぱい楽しんでいました。




さあ、続いて夜の任務開始です!
木登りカンガルーとポッサムを探しにさらに強くなる雨の中いざicon21
するとポッサムより先にまず親子の木登りカンガルーの姿を見つけましたーッ
「ひえ~ なんか土方のおじさんぽいっ?!」(写真は木登りカンガルーたちですが雨でまったくうまく撮れずでしたicon11

その後、自らポッサムを見つけ、餌付けにも大成功ー!

さらにマリーバに向かい、ワラビーの群れを見つけ、全任務見事にクリアしましたicon22
気に入ってしまったかも助とも最後は記念撮影icon23

みなさん、お疲れ様でした。
まだ始まったばかりの旅行、風邪などに気をつけて是非ケアンズを満喫してください。

~この日のちょっとしたハプニング~
写真、わかりますか、よ~くみるとワラビーがあぐらかいています。こんなかっこするときもあるんですね(笑)。
  


Posted by かも隊隊長 at 02:07Comments(3)

2010年08月29日

やったーっ!

たまに見つけるお母さんポッサムの袋の中にいた子供が、ついに姿を現しましたicon21

8月28日の隊での任務中の出来ごとでした。
霧雨の夜の中、はじめはどの木にもポッサムはいませんでした。
そんな中、隊員さんたちも諦めずに時間を費やしてようやく探し出したポッサムを写真のようにおびき寄せてよく見ると、なんと背中に子供を乗せたお母さんポッサムだったのです。



以前新しい命として紹介させていただいたときのお母さんポッサムの写真です。


あれから約1カ月、りっぱに子供は育ってます。
思ったよりもはやく袋から出てきました。
なによりうれしいことは、子供がすくすくと育っていく環境がまだまだあると言うことです。
どんな生き物でも今はすぐに絶滅してしまう地球環境において、明るいニュースとなりました。
隊員さんの皆さん、ほんとにお疲れ様でした。
そして、野生では平均6年生きられればいいとされてきている現在のブラッシュテイルポッサムの子供たち、頑張れ!
お母さんは今その寿命を超え生きている。
  


Posted by かも隊隊長 at 01:54Comments(2)

2010年08月28日

またまた!!!

8月26日の隊では完全任務達成となりましたicon21
寒さと霧雨の高原の中でしたが、見事全ての動物を探しあてました。みなさん、おめでとうございます。






みなさんが一生懸命植えた木に喜んだのか?!
夜になってから、木登りカンガルーの親子が高い木のてっぺんちかくにいるのを見事みつけましたitem08(写真、悪天候で少し見ずらいですが雰囲気だけでも感じてください)


その後みつけた母親ポッサムの袋の中からや、ワラビーの袋の中からもりっぱに育ってきている姿が見れた日でもありました。
この日の隊員さん家族の親子の絆、そして動物たちの親子の絆、ここ一番冷えた高原に暖かいものをもたらしてくださったまたひとつ素晴らしい思い出が生まれました。  


Posted by かも隊隊長 at 00:35Comments(0)

2010年08月24日

夢と現実

自分には夢がある。

夢と現実、そんな言葉をよく耳にする。
夢と現実は違うんだ、そう言う人もいる。

自分はこう思う。
夢も現実もいっしょだと。
夢をみたい今その現実にいるから。


毎回ツアーかものはしに逢い隊では夢を口にする。
時々「私なんか夢ってなんだかわからないですよ、隊長にとって夢ってなんですか、」
そう聞かれることもしばしば、その時は至ってこう答える。

「ただ好きなことをするだけですよ」

「そこに信じるものがあるからそれを夢って言っているだけですよ」


今そこにやりたいことがあるならそれを夢と言ったりもする。

ちょっと新鮮な空気がすいたいな~ 

身体を動かしたいな~

おいしいワインを10分したら飲みたいな~

そんなこともみんな自分にとっては夢。
自分にとっては夢に大きいも小さいもない。

そんな中で少し時間の掛かる夢もある。
それは自分の大好きなかものはしの姿を一人でも多くの日本の人たちに見せてあげたいこと、


できることなら見せることより隊に参加される方自らかものはしの姿を見つけてもらうこと、


なんで?ガイド(隊長)だったらいち早く見つけて見せてあげればいいじゃん。

そんな意見もあるでしょう。

自分はこう思う。
自ら見つけた野生動物のほうがさらにそこに感動があって、そういった感動は忘れないから。
そういった感動は一生思い出に残っていくから。
思い出に残ってくれるなら、そのほうがより動物たちもきっと喜んでくれるから。


かならずしも人間のせいだけでないけれど、多くの動物たちが近代絶滅している。
今幸い隊の任務で探していっている野生動物たちは絶滅危惧種ではないけれど、明日、明後日のことなんかわからない。

彼らにとっても我々にとってもこの地球上から二度と姿が見れないことは悲しいと言うよりは、恐ろしいこと。
そしてもっと恐ろしいことは、彼らがこの地球に存在していたんだと言うことを忘れられてしまうこと。

だったら、一人でも多くの人たちの心に彼らがいたと言うことを残っていてもらいたい、覚えていてもらいたい。
それが今自分にできること、そしてそれが今の自分の夢。


かっこいい夢だね、素晴らしい夢だね、
???
夢にかっこいいも素晴らしいもない。
ただそう信じてるものがあるだけ。

人の信じるものや夢を勝手に良し悪しできめる、

人生が何かなんて勝手に決めつける人こそ、そこで人は終わる。



  


Posted by かも隊隊長 at 01:39Comments(2)